【Airdrop必須】スマホ・PCで簡単にディスコード(Discord)を登録・設定・招待(register,balance,rainも説明)

ツール・アプリ

Discord使い方

直ぐにディスコード(Discord)は登録できます!簡単です。

Airdrop(エアードロップ)をもらうときにディスコード(Discord)への参加が必要な場合があります。

そんな時のためにアプリをインストールしておきましょう。

詳細に説明しようとすればいくらでも出来ますが、ここでは簡易版として手軽に簡単にディスコード(Discord)についてまとめます。

事前に準備して流れを把握しておき、無料で仮想通貨をもらうチャンスを逃さないようにしましょう!

 

あわせて読んでほしい記事

ネットで「仮想通貨 勝つ方法」と検索すると何ヶ月も1位に居続ける記事です。大切なことをまとめました。

 

仮想通貨の説明が凄い

Discord:インストール

スマホでもPCでもDiscordのインストールは簡単で早いです。

それぞれのリンク先は↓です。

iPhoneはコチラ

Androidはコチラ

PC版はコチラ

まずは上のリンクへアクセスします。

(ここではiPhoneを想定)

AppStoreからDiscordをインストールする

AppStoreで「discord」と入力すれば直ぐに見つかりますのでインストールしましょう。

 

 

Discord:ユーザー登録(タグについても説明)

ユーザーネームとメールアドレスとパスワードを入力すれば登録は直ぐに終わります。

Discordサイドバー

登録時は左側のメニューになにも表示されませんが、+マークでサーバーを追加するか、招待してもらえば上の画像のようになります。

サーバー追加はハードルが高いので招待を受けましょう。

Airdrop(エアードロップ)の時に左下にある自分のアカウント名とタグの#○○○○が必要なときがあります。

#○○○○はタグで登録時に自動で付与されるため見覚えのない数字になりますが重要なので覚えておきましょう。

 

Discord:メンバーを招待する

Airdrop(エアードロップ)などで自分の招待用URLを設定する場合があります。

最近、仕様が変わったのでやり方がわからない人もいるでしょう。

Discordサイドバー

この画像で説明すると、#airdropのところを長押し(#が付いてればどこでも可能)すると画面の下の方から「招待」と表示されるのでクリックすればURLがわかり、シェア(クリップボードにコピー、メール、LINEなど)もできます。

 

 

Discord:仮想通貨のregister、balance、rain

Airdrop(エアードロップ)とは別でscordの登録・招待で仮想通貨がもらえる場合があります。

その際にDiscord内にウォレットを作ることになります。

これはわかりにくいかもしれませんが、Discordの素晴らしい特性である投げ銭(Rain)の文化が関係してます。

ここではシンプルにまとめておきます。

register = ウォレット作成

balance = 仮想通貨の確認

rain = オンラインの人に仮想通貨を配布

この3つが大きいポイントなのでDiscordを始める前に覚えておくと便利です。

知らないと無料でもらえる仮想通貨が手に入らないですしね!

 

あわせて読んでほしい記事

取引所ごとのポイントとメリット・デメリットを知りつつ、仮想通貨を行う上で最低限の知識を身につけながら、安全で快適な仮想通貨ライフを送ってください^ ^

 

ツール・アプリICO, Airdrop

Posted by akikubo